ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

【 当ブログについて / 自己紹介 】

はじめまして。

ぐっちと申します。
足を運んでくださりありがとうございます。
ブログの説明と、自己紹介をさせて頂きます。


【 当ブログについて 】

ゲームプレイ記中心のブログです。
マイペースにだらだら・・・のはずがそこそこ更新しています。
プレイした記録をかたちに残しておきたくてブログを設立しました。スクリーンショットを載せつつ感想を綴っています。たまーにゲーム以外のことも。

※ ネタバレにはご注意下さい。
スクリーンショットの掲載多めです。
※ 有効な攻略情報等の掲載はしません。
※ テキトーです。すまん。



【 よくプレイしている作品 】


モンスターハンター : ワールド

私をゲーマーに追いやった罪深きシリーズ、モンスターハンター
愛武器はランス、ライト、ヘビィ。
ときどき片手剣に弓を少々。
サブハンターでハンマーデビュー。
PSはたぶん・・・並。アイスボーン楽しみ!

シリーズプレイ歴はMHX、MHXX
当時の職場の後輩にオススメのゲームを聞いたところ「モンハン」との答え。ちょうどMHXの体験版が配信された頃であり、結果どハマり。
MHWのためにPS4とモニターとテレビ台買ったまである。


RED DEAD REDEMPTION Ⅱ & ONLINE

ストーリー進行中。
あまりにも悲しい物語に逃げたり投げたり泣いたり。
愛馬は青毛アメリカンスタンダード、サニーサイドリバーちゃん。オンラインはまだまだ未開拓。


GRAND THEFTO AUTO Ⅴ & ONLINE

ストーリー2周プレイ、達成度100%済み。
オンラインではだらだら生活しながらアメリカンドリームを満喫中、Yeah!
車、アメリカの街並みが大好きな私にとってドライブしているだけで楽しいやつ。たまーに遊んでる。


【 管理人について 】

ぐっち ( 女 / アラサー / O型 / 社会人 )

東海地方でぐーたら生きてる。
中学生までポケモンが大好き。
高校時代は部活動が忙しく、社会人となってからはバンド活動に励むようになり、ゲームと疎遠に。MHXがきっかけで、ゲーム再熱。
エンジョイ勢。操作が雑。性格も雑。
ゲームが現在の生きがい。音楽(ロック/カントリー/アイリッシュ)も大好き。寝ることはもーーっと大好き。

▽何かあればこちらへ
ぐっち🦌 (@meanmiki) | Twitter

▽配信ch
ぐっち13 - YouTube
MHWのサブハンターの狩猟生活を(生)配信中。
参加型もやります(やりたい)


自己満足なブログではありますが、楽しく見て頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。


最終更新日 19.01.15.

MHW : スキンヘッドとモヒカンでユラユラ


コンニチハー!コンニチハー!!


久しぶりのモンハンに、久しぶりの配信。

やりすぎ。

楽しくて、夜に始めてダラダラ朝まで。
日付変わってからも誰かしらお手伝いして下さいました。深夜に参加してくれた方が朝見に来て「まだやってる」ってコメント面白かった 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。

だんだん意識が遠くなって行ったけど・・・。
新大陸の白き風までフリークエスト完了!

ビックリマーク祭り・・・。
当時、これで工房奥の展望台(?)の存在を知った。
大団長ここにいたのか〜ってなった。


特別任務 食物連鎖の波に乗れ

受付嬢のスタミナタフすぎる。
今まで仕様の強走薬を飲んでいるな!?

カオスラッシュつくるぞ〜〜 \(^ω^)/
イビルジョーにはランスで行くのが安心安全確実だけど、それはメインハンターちゃんのお話・・・。
ハンマーの対ジョー用装備ってどんなのがいいんだろう。頭狙うの難しいし、KO抜いて耐震つけないで回避性能Lv.5のビビリスキルでいいかしら。


先生してるニャンコ先生かわいい!

そしてエンプレスシェル冥灯が完成!
対クシャ、マム専用武器として活躍してもらおう。
導きの青い星をハンマーでソロクリアしたら別の武器を始めようかと思う。
坂兄弟の双剣か、打撃兄弟の笛か、どうしよ?

美少女ハンターの多い中、3名男性キャラ内2名オッサンというレアな1枚。左の方は中身美少女なのにユラユラしてる・・・。
濃いメンバーで楽しかった!

オッサンハンター集めてひと狩りいきたい。
何やってもおもしろそう。



おもしろいじゃない?


今日マムタロト配信をゆっくりやるつもり・・・だけどできないかもしれない ( ;∀;)

ニート期間中は思うほどゲームできなかった。
いっぱい寝れたのは嬉しい。
昨日、完全退職して来週から新しいお仕事。

明日から旅行に行ってきマーース!!


ヤッフ〜〜〜〜 ヽ(*^ω^*)ノ


ではまた!

RDR2 : ダッチは元々こういう人間だったのだと思う


今日は・・・月曜日?こんばんは。

久しぶりにショッピングモールで買い物してきた。
平日のお出かけって人が少なくていいネ。



ドイツ人一家から離れた後はアンズバーグで倒れ込んでいた。

f:id:meanmiki313:20190318192339j:plain

アーサーおじさんよ。
私はもう見てられん・・・あんな連中放っておいて、ゆっくり休んでほしい・・・。


キャンプに戻る。
ピアソン、おじさん、メアリーベスが去ったそうだ。

裏切り者だと!?
仲間を一番裏切ってるのはあんただ!
言及はなかったけど、カレンもいなくなっていた。酒に溺れた彼女を見かねたメアリーベスが連れて行ったのかもしれないし、泥酔してフラフラどこかへ消えたのかもしれない。

一連の騒動で軍とピンカートンは目を回している。
そのすきにもうひと稼ぎ行くとかナントカ。
軍の給与、橋の修理に使う物資を乗せた列車強盗に。
相変わらず計画通りだと言っている。

俺には大して失う物はないが、女たち、子供たち、ジョンと家族・・・またピンカートンが来たら

「全員殺される」

現実の見えてないダッチへの主張だ。

プレイヤーとしてはアーサーと、アーサー側の仲間たち、バラバラになって逃げてほしい気持ちでいっぱいだ。みんな死にたくないから忠誠なんて捨てて去って行ったんだもの・・・。

けど、主人公アーサー・モーガンには最期まで付き合う覚悟がある。

列車強盗ももちろんやる。

やめようよ・・・ (´;Д;`)



「誰も死なせない」と言い続けてきて誰かしら犠牲になってきた。それなのにアーサーの主張が気に入らないようだ。

真っ当なのはどっちだ?


ジョンとダイナマイトを回収し、サンドニへ。

ジョン一家もまた、出ていくことを決めたようだ。


イカ情報によると、列車はサンドニで止まる。そのすきに乗り込む作戦で・・・

通り過ぎる列車。
早速あやしい雰囲気。


本当にやるのか確認するものの、もう戻れない。

やるしかない。

馬で追いかけ、列車に飛び乗る。
「最後の仕事になる」って何度も聞いてきたダッチの言葉だ。これが最後になるといいな・・・。

f:id:meanmiki313:20190318192317j:plain
f:id:meanmiki313:20190318192402j:plain

ジョンくんどいてください!!

ジョン・・・!

f:id:meanmiki313:20190318192423j:plain

ジョーーーーン!!!!

撃たれて列車から落ちてしまった。
ダッチがジョンは任せろと助けに行った。
こんなに信用ならないセリフはないぞ!


アーサーは冷静ながら怒りのマキシム機関銃でヒャッハー!!する。

まあジョンは生きてるよ。前作主人公だもん。
オオカミに襲われ、捕まって離れ小島の刑務所にぶち込まれ、撃たれて列車から落ちる。それでも生きている。
アーサーにはない幸運を持ち合わせた男だと思う。

ヒャッハー!してるときに「何で俺がこんな目に・・・」と愚痴り気味のマイカ旧友とセイディがケンカしててちょっと面白かった。

人はともかく馬が可愛そうって毎度思う。


盗むものを盗んで列車から飛び降り。
運転手が死んでいて(マイカが殺したか?)、止まることのない列車は谷底へ落ちていく。




あーあーあー!!ウソつきーー!!!!

付き合いの長いアーサーを見捨てた男だ。大して可愛がってなかったジョンを見捨てるとわかっていた。もうダメだこいつ・・・。
ダッチはジョンが裏切り者だと疑っていると思う。

ここのやるせない表情のアーサー、無言のセイディ。
何とも言えなかった。


サニーサイドリバーよ。
ムチャばかりさせてきたけど、もう少し・・・私を乗せて走ってくれないか・・・?

f:id:meanmiki313:20190318193131j:plain

最後のミッションだ。

突然のタイトル回収で涙がブワワ ( ;∀;)


覚悟を決めろ!

ではまた。

RDR2 : 息子よ


あたまが〜〜痛い〜〜こんばんは。

泣きすぎて。


さて・・・久しぶりのRDR2。

とにかく進めたくない一心で放置していた。

プレイヤーとして物語を見届ける義務がある!

ついに苦しいチャプター6を終えた。
ぼちぼちブログにしていこう・・・泣きながら。

※前回はセイディと一緒にコルム一味を根絶やしにした話。RDR2 : SADIE ADLER - ぐっちの DARADARA DAYS


拠点に戻ると一層重たい空気。

セイディ、ジョン、チャールズはアーサーを信頼している。奥にいるのはダッチにつくハビア、ビル、マイカとその旧友とかいう胡散臭いやつ。

俺達、あんた、どうしちまったんだ?とダッチに問いかけているところインディアンの若者たちがやって来る。
鷹の飛翔が戦いについてきてほしいと・・・。
乗り気のダッチ。


そこへインディアン首長の登場。




命をムダにしようとする息子を説得するも止まらない。

ダッチがインディアンを利用していること。
戦いが罠であると気付いている首長は親交のあるアーサーに助けを求める。

うるせえぞデブ!

「我々は負けた」

なんて悲しいセリフ・・・。
何か強大なものに敗れた、偉大な男である。

戦える仲間は全員出発。


火の手のあがる工場。

ダッチと別れ工場で落ち合う。
1人の方がいいというアーサー。

チャールズ、あんたって子は・・・!!


ダッチ一味に、インディアン一族、敵の数も相当で大混戦。おじさん何にもしなくてもいいんじゃ・・・。
戦禍をくぐり抜けひと段落。

鷹の飛翔が持つ仲間意識は素晴らしい。
一族のために戦っているから当然のことかもしれない。いつも自分のことより真っ先に誰かの心配をしている。
そんな息子のことをよくわかっている首長は、何が何でも止めたかったんだろうなあ。

ダッチの指示で他の者は出て行った。
俺も残る!といったチャールズくん惚れる。

工場に入り、債券を手に入れご機嫌のダッチ。
タダで返してはくれず、追加の敵がやってくる。


襲われ絶体絶命のアーサーがダッチに助けを求めるが・・・

見捨てられた!!!!!

ダッチのことなんてグズ野郎と思っていたけどもう完全アウトです!!!!!!
非常に見にくいけど、アーサーの方を1度向き、足早に立ち去るダッチの画像です。

鷹の飛翔〜〜!!!

ありがとう、ありがとう・・・ ( ;∀;)

助かったが、彼が撃たれてしまった。
覚悟を決めて戦いに来ていたんだろう。「お前には何度も命を救われた。この命はお前のものだ。これが定めだ」という潔さである。

アーサーを見捨てたことはしらばっくれ、鷹の飛翔のことは知らんぷりのダッチ。

軽蔑の目で見たくもなる。

下衆な計画が順調で嬉しいようだ。


鷹の飛翔を首長の元へ送り届ける。
(もちろんチャールズがついてくる。)

ダッチが見捨てたことについて、インディアンのペイターが「こういう人間になるなと言っていたようなヤツに自ら成り下がった」と・・・。信用ならんヤツだとわかっていたんだろうか。
それに「あれが本来の姿なのかもしれない」って答えるアーサーも悲しいものである。

ダッチの手に入れた金は要らないというチャールズ。
彼の心には正義が根付いている。







父親に看取られ、最後の息子は息を引き取った。

インディアン一族を逃がすためワピチに残るチャールズ。俺も残るというアーサーに、お前の助けが必要が仲間がいるだろう、と・・・。

寂しくなる。
チャールズにはものすごく助けられたし、最も尊敬すべき仲間だった。優秀な彼がついていれば、一族はきっと大丈夫だと思う。

お別れだ。




ワピチを出たあとアーサーは倒れ込んでしまう。

朦朧としているけど、見覚えのあるドイツ人一家が快方してくれた。

行かなければ、と振り切るアーサー。

チャプター6に入ってから、これまで出会ってきた人たちと再会することが多かった。
彼らにも会えるとは・・・。
RDR2 : 引っ越しました - ぐっちの DARADARA DAYS


涙腺のゆるい私はもうボロボロです・・・。

ではまた。