ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

MHW IB : 終わりなき黄金時代


GWはひきこもるよなあ!?こんにちは。

初めて野良でバルキンを着てる人を見た。
嬉しくておそろいにした。

しかしなかなかのシカトっぷりだった。さみしい。
私はラドバルキンとハンターのバルキン防具はそこまで好きじゃない。好きなのはバルキン防具のオトモです。

はあ、きゃわゆいね・・・(*'ω' *)
昔のスクショを見返していたら、少なくともプレイ時間47時間の頃からねこちゃんはこの防具。ビビる。
(現在のプレイ時間は1600時間台)

ネギとか、ボワボワとか、ソードマスターとか、他に魅力的な防具はある。けどバルキン期間が長すぎて・・・何に着せ替えても「なんか違うわ」ってなる。病気。


さて、来ました!MRのマム・タロト。
「終わりなき黄金時代」というクエスト名には、お前らハンターたちはマム周回から逃げられないという思いが込められているとかいないとか。

初日はソロクリアを目論んで何度もチャレンジしたが、討伐できず。
どうやらDPSチェックがあるらしく、3乙失敗はないものの逃げられまくった。
して、ぐっちはマルチに逃げたのであった・・・。


翌日、再挑戦。

パージ前はゲミ。
臨海ブラキ一式、火力盛り装備。
傷付け壁ドン部位破壊からの徹甲スタン、麻痺、睡眠を駆使して拡散ばら撒き。
順調に行けば5分内にパージ。
場所をきちんと選ばないと、激長リロードをガジャブーが阻止しにくる。わりとピキッとくる。
案外不動転身のハンマーで坂ゴリ押しの方がいい気がした。

パージ後はムフェ氷ランス。
最終エリアは突入後、怒りっぱなしだから挑戦達人芸装備を採用。むしろ安定。


画面が眩しい。

マムとランスの相性はいいと思う。
唯一怖いのは、スタミナ削りのえぐいボティプレス。でもこれはパワガに切り替えることで対処可能。もしもに備えてスタミナ系のスキルもありかな。

ソロで一番厄介だったのはゲロまみれにされること。
ガードしていれば、痛くもかゆくもない。

時間との戦いに負けるのだ・・・。

酷いマムは3連発マグマゲロしてくる。
ゲロモーションに入ったら、諦め&被弾上等で納刀して動くことにした。


ふ〜〜!

時間はかかったけど、なんとかソロクリア。
すごい死闘だったのに、最後はねこちゃんが寝かしてしまい爆弾討伐。スッキリしたけど、スカッとしないシメでした。
ソロで遊んでるとクラッチに対するマイナスの感情が顕著になっちゃうなあ。
もうちょっとタイム縮めたいけど、まったりマルチへ。




野良やフレンドさんとのマルチは今のところ失敗なし。
ソロの苦労はなんだったんだろう、というくらい難易度が下がる。
角って折らなくても討伐できるんかーい!という感じだった。角がないとちょっとさみしいね。

角と本体のはぎ取りが時間ギリギリ。
討伐した瞬間に「お疲れ様でした〜」より先に「角角角角!!!!!」ってドタバタ走り出すのが面白い。

お胸が大きいと話題持ちきりのマスターマム防具。
あら〜〜黒肌に映えてイイわね〜〜ぐへへ。
今度グラビアごっこでもしよう。


武器の強化はまだなの!どうなんだろう?



うーん、マムよりムフェ派だなあって気持ちで。

絶賛ムフェロス。



平日深夜に遊んでいた1撃PT。
中国ハンターさんに引き止められた。かわいい。
ウイルスに気を付けてね。


ではまた!

MHW IB : 稀代のハンター


トロコンしました、こんにちは。

イェーーーイ!!おめでとー!!!!!!

家でプレイステーションをしてろ!と言われるほど私の地域は某ウイルスによる影響がございません。(これからかな?)
変わらない日々の中でプレイステーションして、モンハンして、トロフィーコンプリートいたしました。

最後まで残ったのは最小金冠集め。
トロコンをした日はとてもつらい導きをめちゃくちゃがんばったからか・・・

この日2発目のハザク狩りで最小金冠をゲットし、真のミニチュアクラウンコレクター獲得。
そしてトロフィーコンプリート。

HR999 MR632


金冠なんだけど、MHWの頃から言われていた条件の厳しい調査クエストの方が出やすい気がする。
1乙とか、20分とか、2人限定とか、もしくは多頭クエ。
残っていたのはバゼルとハザク。
バゼルは2体別の歴戦個体と、通常個体バゼルで最小ゲット。ハザクは2人クエでした。

まあでも、数打ちゃ当たるよ!




さて、これで大きなやるべきことはなくなった。
幅を広げると環境生物金冠コンプとか、導き地帯レベル全カンストとかあるけど、やらん。ハゲてしまう。

装飾品の種類コンプはするつもり。
特射Ⅱと耐雷Ⅲがない。
確認しようとしたけど、一覧と手持ちを見比べるのが面倒でやめてしまった。

一番の目標はMRのカンスト
9月に発売して、7ヶ月。
とっくに折り返し地点をすぎている。
MRイベクエのポイントが大きいのもあるね。
まったり遊んでいても到達できるだろう。

100年ぶりの極ベヒにボコボコにされた。
エンシェントレーシェンはMR装備で行くとすごい楽だね!



ひと段落ついて、少しモチベが落ちた。
でも今日からお祭りだね。
久しぶりに配信もやろうかなと思ってます。

今後ともよろしーーーく!

ではまた!

MHW IB : ことネギちゃんとサークルのおはなし


そらそろ痩せねばと思っている、こんにちは。

ケツ。
このケツは、ことネギのイベクエで救難出してたら来たケツ。この後ことネギ縛りで用意していた私の集会所まで、わざわざ来てくれたハンターさんのケツです。


13日の金曜日、誕生日でした。
20代ラストイヤーです。
これまで生きてきて、今がいちばん太っている気がして体重計に乗れてません。
なぜお腹じゃなくて胸にお肉が回らないんだい?

デスクワークからの帰宅したら引きこもりゲーマー。
太るのも当然。


最近は立ってゲームしてる。


・・・・・・・・・。


で?

ってかんじです。





さて!!

導きやってない勢で有名なぐっちですが、ことネギのイベクエで例の石をたくさん手に入れることができました!パチパチ!


HR999MR500オーバーにして初めて!

防具のカスタム強化ができました!


ヒュー!おめでと〜!

ことネギちゃん!
カプコン様!超ありがと〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。


冒頭のケツハンターの話に戻る。
まあケツはどうでもいいんだけど。

イベクエことネギ縛りの集会所を開いていたら、なんと野良ハンターさんが集い4人揃った。

ずっとご一緒してくれた太刀さん。
ケツの太刀さん。
サクサクで助かります、と言ってくれた貫通ヘビィさん。
そして私、散弾ヘベェぐっち。





着々とタイムを縮めていく4人!

これは3分台行けるッ!という勢いだったけど、1名離脱してしまい叶わず。
トゲ破壊でひるみやダウンを取られやすいネギちゃん。
それでも瀕死になってからの爆発力や、何かをきっかけに形勢逆転させてくるのは看板モンスターとしての意地を感じて最高に楽しい。

熱い熱い、戦いだった。

美味しい報酬に、エリアチェンジなし、乱入なし、ネルギガンテという良モンスター1体と肉弾戦。
報酬を除いても、素晴らしいクエスト!



散弾ヘベェだと、リザルトが大体かっこいいね。


美味しい珠が出るらしい、ジンオウガのイベントクエストはほとんどやらなかった。
なぜなら古代樹だしバフバロがいるからです。
危険度3回します。以上。


今回配信期間中のムフェ。
まだきれいに1撃できてなくて悔しい。やらねば。


アイスボーンになってから、ソロのモチベーションがなくなってしまった話を何度かしてる。たぶん。
傷付け1回武器でソロTAに励むハンターさん、尊敬します。


そういうわけで、集会所に来てくれる野良ハンターさんやTwitterでつながってる方たちが仲良くしてくれるのは本当にありがたいなと感じてる。

手っ取り早く決まったメンバーでマルチを楽しむなら、活気のあるサークルに入るのが一番なんだろう。
ただ偏見だけどそういうサークルって、しょっちゅう顔出さなきゃいけない感あるし、トラブルありそうだし、何よりコミュ障にはつらい。偏見だけど。偏見だよ!

自分のフレンドさんだけを誘ってる、自分のサークルがある。
そもそもが少人数で、4人集まることがない。
時々3人。


基本ペア狩り。


めっちゃ落ち着きまねえ・・・。


サークルメンバーを大々的に募集しようと考えたこともあった。
中途半端にメンバーが集まっても嫌だし、大人数ならもっと面倒だし、気難しかったり、細かい人が入ってきてもうーんってなるし、難しいところ。
何より5人集合する展開はアレだ。
気を遣ってしまう。








いつもありがとう。
楽しいハンターライフを送れております。
スクショ厨の私に気を遣っていただいてもう・・・これからも盗撮がんばります♡

救難で遊んでると、たま〜に最後の残り時間の間にギルカとサークルカードをいただく。
あんたうまかったで!うちのサークル来ない!?って言われてるみたいで嬉しいです(ポジティブ)
集まった人、全員に送ってるんだろうなあ!

平日深夜帯にいただくことが多い。
一番おもしろかったのは、ランスを担いでいたのにガンスサークルのリーダーさんがカードをくれたことかな。

ランサーにガンス持たせるのって危険よ!
ごめんね・・・。でもウケた。



帰ったらブラキとゴリラだ!!!!

今後のアプデが熱いね!
でもシャガルかバルファルク復活を期待してたの!

アルバ投入早すぎないかな?大丈夫かな?


ではまた!