ぐっちの DARADARA DAYS

だらだらライフ ゲームが好き ネタばれにご注意

LIFE IS STRANGE BTS : 校長に向かって寝言は寝て言えなんて言えない


RDR2発売おめでとうございます、おはようございます。

やるさ。やるとも。
その為の早起きだもの。

ゲームの消化が追いついていないぜ。



ずいぶんぶりのライフイズストレンジ!



不良娘クロエは優等生レイチェルと学校をサボり。山中の広場でレイチェルパパの不倫現場を目撃。酷く傷ついたレイチェルは大切に持っていたパパとの写真に火を点け、ゴミ箱へ・・・山火事を引き起こしたところでエピソード1終了。



エピソード2 素晴らしき新世界 スタート!





校長室に2人とそれぞれの親の姿が。
火事の犯人がバレた!・・・んじゃなくて、無断で学校を抜け出したことについてのお咎めでした。

クロエばかりを責める校長。クロエがレイチェルを脅して連れて行ったって思い込みはさすがに酷いな〜。

黙っていたレイチェルがクロエを庇ってくれます。



うーーーむ、演技派!
レイチェルに話を合わせたところクロエ自身の罰を軽くしてもらえました、が。



レイチェルは校長のアシスタントをはずされ、なんと今夜のテンペストの劇に出られないということに。
(校長に生徒がアシスタントにつくことってあるの?)


それはダメだ!

寝言は寝て言え!とバックトーク開始。



合間にレイチェルに対しても煽る。
クロエもなかなかの役者ぶり。



レイチェルの疑いは消え、クロエはこれまでの素行不良の積み重ねもあり晴れて退学となりました。
クロエのパンク精神は真似できるもんじゃない・・・だってぐっちは平和主義だもん・・・。



スキップ?誰よそれ。
そんなワンコみたいな名前の人いたっけ?



あんたか!警備員さんでした。
ロッカーを片付けて、おトイレに寄り道。



ぬかりなく最後もやらかして行く。



嗚呼・・・この非常ベルは悲しいなあ。



英語がサラーッと読めたら落書きの意味がわかっておもしろそう。読めまてん。



すれ違いでやってきたビクトリア嬢かわいい。
うわあ・・・って反応かわいかった。
この頃はビクトリア軍団の取り巻きはいないようです。私の大好きなテイラーちゃん、出てきてくれていいのよ!



ママの待つ駐車場へ。



手前のマスクちょっとビビッタ・・・。



えーーと、エリオットくんがいた!
退学の報告をして慰めのハグをしてもらった。
テンペストの劇の後に何かしない?とデートに誘われたものの・・・



行けたら行くってのは99%行かないんだぞ。


ママのところに向かうとデイビッドの姿を発見。



クロエの煽り方・・・(笑)

レイチェルを助けたかったと弁明します。



うーーん、ティーンの友情を思うとそういう問題じゃないよねえ?何より今のクロエにとってレイチェルはとても大切な存在。親が検事でも、大人だからこそ助けられない部分があるじゃん。

このジョイスの発言は意地悪に思えた・・・けど大人目線からだとそう思っちゃうかも。難しいのう!

デイビッドにポケットの中身を全部出せと要求され、素直に出しました。ハッパも。
駐車場を出た後にジョイスから持ち物のチェックには反対したとメールが来ました。だけどお陰でよくないものが見つかった、正直に言ってくれてよかったと。
前向きに捉えるのはいいことですね。


ジョイスはかなり苦労しているようでもう1人では抱えきれなくなり、デイビッドをかなり頼りにしています。

なんとデイビッドがプライス家に越してくることに。



愛娘をなんとかしようという気持ちはわかるけど、クロエにとってデイビッドの存在は逆効果。



わかりあえない親子。

いつかクロエが大人になった日、この時の母の心情をわかるときが来るんだろうか・・・まあ、大人になれないんですけどね。

デイビッドが車に乗るようドアを開け促したところ、乗るフリをしてドアを軽く蹴っとばすクロエ。
私に家はない、こいつがいる限りと吐き捨てるように伝え駐車場を出ます。


家出じゃ!家出じゃ〜〜!!!!


追いつめられる娘、理解し合えず悲しむ母、歩み寄ることすらできないクソオヤジ・・・着々と崩れていく家庭、どうなってしまうんでしょうか。


ではまた。