ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

RDR2 : 釣りとバグと舞踏会


もう12月という現実を受け止められない、こんにちは。

最近毎日更新している。
RDR2はちゃんと書いておかないと忘れてしまうんだずぇ。



ジャックが無事に帰ってきた。よかったよかった。
一区切りついたし、またブラブラ旅に出た。




伝説の魚を3匹ゲット。でかい魚って不気味。
クエとかナポレオンフィッシュとか怖い。

伝説のイノシシも。


コツコツ進めているチャレンジ。
狩猟家が10まで進んで伝説のジャグアーロヒョウと出会えるようになった、のにバグって困ったことになっている。

伝説の動物のテリトリーに入ってる時に追跡者が発生すると「多くのアクティビティがなんたらかんたらで出現しない」という通知が出る。
複数の手がかりを調べると伝説の動物に行き着く・・・わけなんだけど、最後の手がかりを調べた直後に追跡者が現れてしまった。

恐らくこれでバグった。

仕留められてないし、それどころか一目見ることもなかった!なぜか皮を剥いだことになってる。

もちろん「始末できていない」からチャレンジ達成はできていない。

マップのジャグアーロヒョウにバツがついた。「始末した」と解釈されて2度と出てこない案件となってしまったようだ。

気付く前にセーブ済で取り戻せない。どうしようもないよなあ・・・ものすごくショック。ロックスターさんに問い合わせようにも窓口がよくわからん・・・英語わからないYO。アイムジャパニーズ。
最悪メアリー助けたルートのセーブデータがあるのでそっちを進め直すかも。追跡者を許すな!!!


恐らく狩猟家チャレンジで苦戦するのがクーガーとフクロネズミ

クーガーは伝説のヘラジカの場所か、西の罠師、その周辺の川が出やすい。シカでもオオカミでも死骸を放置しておくと寄ってくるのでオススメ。たまーにハイイログマ来るけど。

フクロネズミはどこにでもいるらしい。
好物が腐敗肉との情報を知り、西の罠師の川沿いでオオカミの死骸を放置。腐敗してから2匹寄ってきた。

待つ狩猟も大切なのね。



ストーリーの続き。

ブロンテからなんと舞踏会にご招待。
何を企んでいるやら・・・ダッチは何にでもホイホイ近寄りすぎだと思う。

ダッチ、ホゼア、ビルと一緒。
市長とか有名な作家とか、ブロンテが支配している大物たちが揃っているようだ。

うるせー自分でやれ!

いい服着てるおじさんたち。
ポマードくらいつけたらよかったな。
各自別れて金になりそうな話の情報収集へ。

電気だ・・・こんなに電気が・・・!
音楽隊の生演奏、飾られたテーブル、豪華な食事、胡散臭い金持ちたち・・・今後も無縁であろう高貴な場所だ。

市長を見つけて話を聞いてたらよくわからない内にミッション失敗になった・・・。

各自、ネタを掴むことに成功。
銀行に路面電車の駅。


船?なんでもいいけどダッチさんはアーサーおじさんくらい疑い深く計画たててくれませんかね??


死ぬかと思ったのくだりが面白い。
公式アプリで新聞も読めるようになったらいいな。



時間帯が決まっていたらしく、なかなか行けなかった発明家マルコのミッション。やっと行けた。以前ラジコン遊びをした時の彼。

避雷針を設置するよう雷雨の外に放り出されたり、塔に登らされたり、理解できないまま手伝いをさせられた。

なんなんだ?
あんたも電気椅子の発明してんの?

おっ!?!?

ロボットだ!動いたーー!!

・・・すぐ倒れた。冷静なアーサーおじさん。
マルコの運命を目撃するってトロフィーがあったはず。
どうなることやら?


ではまた。