ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

RDR2 : コールか?ドロップか?

日々寝不足、こんばんは。

それと、運動不足・・・・・・。



ジョサイアに誘われてお金稼ぎへ。
身なりをちゃんとしろってことで仕立て屋でスーツを購入。プラス美容院へ。

養毛剤を飲みまくっても頬と顎の長さが9で止まったままだった。10がマックスなんだけど・・・そういう仕様だったのかしら。

髪はこれがマックス。
ヒゲに比べるとサラサラしてそう。

ヒゲ剃ったー!スッキリー!!
こんな顔だったんだなって思いました。
養毛剤ジャンキー、晴れて卒業。


内装が豪華な船に乗り込み

ポーカーをすることに。



ディーラーは買収済でこちらの味方。対戦相手の後ろに座るのはレオポルド。彼がいけるかどうか合図を送ってくれるという勝ち確のイカサマ勝負。

ただ私に問題が・・・

ルールがわからなくてゴーサインが出ても何をしたらいいかわからないのだよ・・・。

親切にルール説明が用意されてる。
見えてない下の方もズラーッて書いてあるんだ。長すぎる。読む気になんねーーー!!!!
ポーカーの知識なんてジョジョで読んだコールコールコールコールコール!のあの辺でしかわからん!

まあ、なんか・・・勝てたらしい。
お金プラス、スイス製の腕時計まで賭けてくれた。
腕時計は金庫に預けているそう。

左の男は制服を着て紛れ込んだハビア。
メキシコ人を雇うはずはないと言われて少しヒヤッとした。

金庫を開けたら案内の男が銃口を向けてきたから一発撃ってしまった。トラブルなしで終われそうだったけど結局ドンパチ。脱出案を考えていなかったらしくおじさん3人と若者ハビアで泳いで帰還。がんばったなおじさん方・・・。
ボチボチいい稼ぎでした。

ジョサイアはどういう人物かぶっちゃけよくわからん。
拠点で見かけることもない。



チャールズくんがしばらく留守にするって!?

こっ、これはフラグですか!?!?
チャールズくん!君に死なれては困る!!
インディアンたちの手伝いに行くそうだ。
無事に帰ってきてね・・・。


インディアン親子についてアーサーも1度手伝った。



コーンウォールの石油工場に侵入して、書類を盗った。1人で大丈夫だとインディアン息子に伝えてあったものの、戻るときに見つかり彼に助けられた。

恩人。約束のお金も頂いた。
サンキュー。


して、路面電車駅の強盗へ。
ダッチとレニーと一緒。もう1人のメンバーをどうするかという話の時に、ダッチは即答でイカだと言った。一方のアーサーはレニーだと。

レニーが来てくれてよかった・・・。

イカと関わり続けるとおしまいですよ。
プレイヤーという第三者視点で怪しすぎるんだ・・・気づいてくれと願っても届くことはない。むしろダッチはマイカを気に入っている。ああ・・・。



ここに金があると言ったのはブロンテだ。
私たちにとって彼は救済か?破滅か?
ダッチよ・・・考えたことがあるか?

/ 札束なんてないでーーーす!! \

わかってたので驚きません・・・。
一瞬で周辺を警察に取り囲まれ大ピンチ。ちょうどやって来た路面電車を乗っ取り脱出!



路面電車が馬車と接触して事故。
頭を打ったダッチを庇いながらドンパチ。
さすが都市だけあって、細い路地から現れるわ、屋根からベランダからビシバシ撃たれる。


なんとか逃れた。

手に入ったのはほんの少しのお金。失敗に終わったと言っていい。「ヤツは王様気取り。ダッチみたいなヤツは気に入らない」ってことみたいだから、この件についてマイカを疑わなくていいだろう。

度重なる失敗にダッチが狂い始めて来ている。


同行したレニーが大健闘してくれ「よくやった」と褒めたアーサーが印象的だった。

少し前のレニーとの馬車強盗ミッション。
「護衛は少ないだろうし1人でいいと思ってる」と言うレニーに強引についていったが、それでよかった。
「指示するまで待て」と言ったのを無視して馬車前に飛び出したレニー。遅れてやってきた護衛集団と銃撃戦に。

なめてかかり「俺はバカだ」とこぼす青いギャング。

その通りお前はバカだ、でも生きてると優しく叱った後の「よくやった」なのである。アーサーはレニーのことを一番可愛がっているように感じる。感動した。
アーサーおじさんの中の人がバカなのでバンダナで顔隠すの忘れてますね。


しなくちゃネ。

ではまた。