ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

RDR2 : 人を脅さないとか


ハビアが歌ってくれたぞー!!!こんばんは。

ああ〜〜もう歌ってくれないかと思った〜( ;∀;)
しかも曲が新しくなってた。


逃げていたRDR2に戻った。
進めたくなさすぎて胃がキリキリする。
ダッチのせい^ ^^ ^^ ^^ ^^ ^

ストーリーはジョン救出まででストップしていた。
更新されていなかった日誌をのぞこう。


マーストン親子たちとはいい関係のままだ。
むしろ深まったさ。

アーサーおじさんがやっとマイカ不信になってくれた!
元々ウマの合わない仲ではあったが、ようやく!
この文面の感じだと、ダッチが自分で気付くまで放っておくようだ。うーん・・・。
アーサーの頭の中はぐるぐるしっぱなしなんだろうな。


ストーリーを後回しにしてその他の寄り道ミッションを進める。

どこかの酒場で寄ったときに未亡人のウワサを聞いた。なんのこっちゃ?だったが、アンズバーグ北の湖で発見。ほとりの墓に花を供えていた、

狩りのやり方も、外で生きる術も知らずに夫婦そろって町を出たそうだ。夫はクマに殺されてひとりに・・・。

ボロボロの彼女に「鉄道駅まで送ってやる」と言うと「ここで生きていかなきゃいけない気がする」と。
アーサーは立ち去ろうとするが生きていけなさそうな彼女に再び声をかけ、狩りのやり方を教えることに。
これまでのアーサーでもこのくらいの親切はしただろう。ただどこか雰囲気が変わったように思う。喋り方とか表情が・・・穏やかな感じ。上手く言えない。

ウサギを仕留めて皮の剥ぎ方を教える。
足の方から引っ張れば簡単だ・・・って

怪力すぎると思います。

足持って、皮つかんで、ベリィィッと一気に剥ぐ。
始めた頃こそ衝撃的な剥ぎ方だった。アーサーがやる分には慣れた。女性キャラがやるとビビる。

自宅まで送ってお別れ。
少しは落ち着いたみたい。また会えそう。



お次はレオポルドの高利貸しミッション。
拠点が移動するごとに頼まれる借金取りたてのお仕事。
大前提としてアーサーはこの仕事を「不快で屈辱的なことが多い」と、始めからよく思っていない。
金になるからしっかりやってきた。


かなーり前に、取り立ての都合で会ったダウンズという男を殴って殺害した。向かうのはその男の妻と息子のところ。

妻は身売りをしていて、息子は鉱山に働きに出ている。

うるせーほっとけ!
息子くんは汚い上司たちにいじめられていた。
割って入り「誰だ」と問われ息子が「父を殺した男だ」と即答。妻も息子もアーサーを憎んでいる。当たり前だ。

再び取り立てにきたら、親子は一層惨めでズタボロだった。


いじめていた上司を拳で黙らせ、息子にまとまった金を渡し、見送る・・・。



また別の取り立てでは、債務者の男は亡くなっており「妻が払うかもな」と家族の居場所の情報を貰う。

「お金はない、食べ物は少し、今度は家を奪うつもり?」

強気の妻の後ろには、幼い子供の姿。
妻を先に亡くした夫は何もできないと言う。夫に先立たれた子を持つ母の姿は強いものだ。

借金を免除し、また金を渡す。

「変わったら?」

・・・・・・うん。
変わりゆくアーサーの心には刺さる。


ジョン救出前にやった別の取り立てではちょっとしたドンパチが発生。済んだ後に岩陰から怯えて出てきたのは債務者の恋人だった。
ここでも借金を免除し、見送った。


病気と診断されてから、心変わりしたようだ。



・・・愛の力ってやつだ。


一通りの取り立てミッションを終えると「レオポルドと対峙しろ」との通知が・・・ん?どういうこと?取り立てできなかったからレオポルドに言い訳でもするのか?


ってわたしの考えは呑気すぎた。



殺しはしないと言って金を渡し、「お前は俺たちの顔に泥を塗った」とレオポルドを追い出した。これレオポルドが密告する展開にならない?大丈夫??

完全にアーサーが変わっただけの都合で追い出されたレオポルドはかわいそうに思える。高利貸しは取り立てさてできれば楽に稼げる仕事だったはず。
借金しといて返済できない債務者なんて自業自得なわけで・・・これは腑に落ちない!
でもレオポルドは現状に一番おびえていた。アーサーの言うとおり彼にとって良かったのかもしれない。



いろんな人が「いい人だ」と言う。なのに「俺に善などない」とアーサーは言う。ここから本当の善人になろうって感じだろうか。これまで犯してきた罪を悔いているのだろうか。

メアリーベスに病気を打ち明ける。




そうだね・・・。

悲しくて放置していた。
悲しいままで明るい結末も期待してないけど、ちょっと進めてみてなんとなくチャプター6はいい話になりそうな気がする。

ソーシャルクラブを眺めていたらチャプター6で終了。エピローグがチャプター2つ分用意されていることに気付いた。
もう少しで長い旅も終わる。年内クリアを目指します。


ではまた!