ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

LIFE IS STRANGE BTS : ウソつき、浮気、最低、クズ野郎


ニートしてると曜日がわからなくなる、こんにちは。

今日は・・・土曜日??



さて!

黙って家出をするはずが、あっさり見つかったレイチェル。両親はクロエが一緒なのを見るやディナーにご招待。

ほーーん。
クロエといいとこの親の気が合うとは思えない。不良娘がヘタなこと言わなきゃ大丈夫だろう・・・。

高級な雰囲気の部屋。ホテルみたい。
レイチェルは荷造りしに自室へ。
夫婦のいるリビングに残されるクロエ。

不良娘がすぐ皮肉るから中の人は不安です。
このレイチェル父の真顔。大人気ないっすね。

まあ、親として愛娘が不良と仲良くしてたら心配だろうな。不倫していることはさて置き、レイチェル父は堅すぎて相容れない感じだ。

レイチェル母は優しそう。
コラコラコラやめろやめろやめろやめろと思うようなクロエの発言を否定せず合わせてくれる。
ディナーのお手伝いをするのだけど、ここでもクロエがお皿をガチャン!と置いたりもろもろ雑だし一言多かったりで中の人は不安でした。

それ口に出さないでよ!頼むよ!やらかすなよ!

見覚えのある面々の資料を発見。
ドリューを痛めつけたオクスリ親分デイモン、フランク、不倫相手、バックトークチュートリアルのヤンキー。
検事のレイチェル父が担当する案件なのだろうか。
どうでもいいけどフランクの本名がフランシスだと判明。


レイチェルが戻り、ディナータイム。
話題になるのは・・・

ギクッ☆山火事のこと。

おたくの娘さんです。
そして火元は父親との写真です。

この話の流れはやめておいた方が・・・。
不倫している男が、妻の手に手を添えて家族について語り出す。

眉をひそめ、うつむくレイチェル。
ここでレイチェルをなだめるか、父を攻撃するか選択。

恵まれたアンバー一家の食卓を一緒に囲んでいるのは壊れた家庭で暮らすクロエ。目の前にいるのはこれから壊れ始めるであろう一家の元凶。
レイチェルは黙るしかないけど、あたしは違うしガマンならんこのオッサン!

バックトークで対抗。
レイチェル父は不愉快そうにするが

レイチェル母は器が大きく、クロエの意見を肯定してくれる。それに続いてレイチェルも同調。


大人気ないレイチェル父。
「この種の人間はいつもこうだ」とクロエを非難。

これには奥様が黙っていられなかった。
もう帰りますよとクロエが言うのも当然、失礼だと夫を咎める。夫婦喧嘩勃発。

さらに口数の少なかったレイチェルが「茶番には付き合ってらんない」と、ついに問いただす。


展望台から女の人とキスしてるのをクロエと一緒に見た、と暴露。

白々しいぞ!

クロエも加勢。
「その女、あたしと同じ売人使ってるんすよ」と、特技の火に油を注ぐ。

引火。
うーむ、これは大人気ないってレベルじゃない。クロエもクロエだけどクロエはクロエだから・・・。
自慢の娘の友人だから大目に見ていただけで、クロエのような種は心底嫌なんだろう。だけどあの愛人はなんなんだ?


夫婦とクロエが立ち上がり、口論が激化。

レイチェルは席に着いたまま。




怒りとか、悲しみとか・・・。





ガッチャーーーン!!!!!!



やると思った・・・。



本当のことを言って!と涙ながら訴える。



!?!?!?


レイチェル母だと思っていた目の前の女性は一体・・・彼女の反応を見る限り本当のレイチェル母の存在を理解しているのは間違いない。
ジャンキーで育てられず、乳母として家族になったとか?

ん??


真実を聞いたところで、エピソード2エンディング。


ドリューの手術は無事に済んだ。

弟のマイキー。
「Cool Story Bro」ってTシャツがかわいい。

娘の帰らない部屋で抱き合うジョイスとデイビット。


ステージ裏から出てきた人物を拍手で迎えるサマンサ。



ネイサンガ微笑ンダァァァアアアア!!!!

ネイサンを心配するサマンサ。
「ネイサンには助けが必要なのかも」とクロエが助言した。

効果アリ。


エピソード2素晴らしき新世界、終了!



レイチェルの本当の母親とどうなるのか。

エピソード3楽しみ。


このゲームは音楽が本当に素敵だなあ。

ではまた!