ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

DbD : トラッパーおじさんと沼地デート♡


ウレシイ!タノシイ!ダイスキー!!こんにちは。



13日。

ランクリセットの日である。
サバイバーランクは4の米粒3が限界だった。
私が1に輝けるよう日は来るだろうか・・・。

ランクシステムを詳しく知らなくて。
厳しくなった・・・らしい。
これで進行なしなの?って気になったことはあるけど、これが赤帯の洗礼か!もっとガンバレってか!!と思ってた。

ランク5以下の集う試合で、完全敗北したり、いい勝負したり、赤帯ガチキラーとチェイスの鬼サバイバーの勝負を観戦するのもすごく楽しい。
すごく楽しいんだけど、DbD起動してる内の3分の2がマッチング時間になったりするから勿体無いなあって思う。
マッチング待機中に寝ちゃって、ボワァの音で覚醒。

ランクが高いか低いとマッチングしにくいみたい。
ランク格差のあるマッチングはよくないし・・・このゲームの難しいところだね。

リセットで12まで戻って、マッチングがサクサクですごく嬉しい。
サバイバー1になれたら、キラー1を目指したい。


サバイバーもキラーも、
個性的な面々が揃っているDbD。

推しキャラ・・・いるよね?

わたくしぐっちは、トラッパーのビジュアルが単純に大好きで、マッチングするとテンションが上がる。
敬意をこめてトラッパーおじさんと呼んでいる。
ガタイのいいおじさんが好みなんだなって、気付いた。

ポーズ決めてるトラおじ、かわいい。


大好きなトラッパーおじさんと遊ぶために小さな獲物を愛用していたんだけど、キラーがとにかく強い。
チェイス用のパークをつけなきゃと思い、全力疾走を使うようになった。
小さな獲物はトーテム破壊に超貢献してくれる。キラーがトラおじかハグちゃんだと、通知音がうるさくて逆に混乱。
トラおじと遊びたかっただけなんだあ・・・。




とっさの時にバビューンって逃げられるのが快感。
複数人で修理しているところにキラーが来たら、誰よりも早く離れられるおかげで他の人にターゲットが行くのもいい(ごめんなさい)

温存しておきたくて、ちょっとした時に走れないのはもどかしいかな?



トラおじ戦の地下救助でいつも迷うことがあって。
この動画はトラおじがスカってくれて、板があって、もう1人のネアが反対側の罠を解除していて、ジェイクも私も命拾いしたんだけど・・・。
絶対周辺に罠が置いてあるでしょ?
救助前と後、どのタイミングで解除しよう?

前に解除すると、通知音で救助に来てるのがバレる。
下ろして、地上に出る頃ハチ合わせる。
肉壁できたら・・・まあよし。

後に解除すると、救助された人が気付かずハマる可能性が高い。救助した人は、事前に罠の位置を確認できるから何とでもなる。

うーーん、難しいよね。
状況によるって言われたらそれまでよ。
そう思うし。



不思議なことに、深夜のキラーは格段に強い。
寝る時間を削ってまで遊ぶDbD愛のある方なんだろうか。その気持ちわかるぜ・・・!

初めての赤帯で厳しさを知り、ボコボコにされながらも、楽しく遊んでいたある日の深夜。
「脱出できたらやめるわ」と思って遊んでて、「やっと脱出できた〜嬉しいからまだやろー!」っていう深夜テンションの連鎖に陥っていた。


こうして寝るタイミングを見失うのである。


日が昇り始めた頃のマッチング。
マップは難破船のあるバックウォータースワンプ。
相手キラーはトラッパーおじさん。
眠かったけどテンション上げぽよ〜!!

お決まりのルイン呪いトーテムを破壊できないまま、残り2台を残して最後の1人になってしまった。
こうなると脱出は運任せだ。

恐らくバベチリにうつってしまい、ズンズンこちらに向かってくるのが見えた。背の高い草むらの中で、かくれんぼ逃走するも見つかる。
コールドウインドファームのモロコシ畑、山岡邸の竹やぶ。ここで意外と撒けるけど、高ランク帯にはまず通用しない。と、わかっててやってしまう。


あ〜〜終わった〜〜〜〜。
発電機直したし、チェイスもしたし、地下救助もしたし、まあまあポイントはいいかな?って開き直った。諦めも大事。

担ぎながら、突然発電機を殴るトラおじ。


こっ・・・!

これはもしや・・・!!



優鬼になる瞬間。

トラおじ〜!やさおじ〜〜!!
すきー!!!だいすきーーーー!!!!

何気にこの1台修理するスキルチェック、全部グレイト。私やるやん?
どうでもいいけど、グレートをグレイトに修正したのなんで?



破滅トーテムのところまで連れてきてくれた。
やだ〜〜!超やさおじ〜〜!!
ちゃっかり罠2つも置いてんじゃね〜よ〜〜!
でも許しちゃ〜〜う♡♡



自分から罠にハマる、茶目っ気要素もあり。



ゲートを開けて、お礼に最後は吊ってもらった。
お互いかなりポイントいただけた。


たま〜〜に「やさおに」と呼ばれるキラーはいる。
ここまで優しくしてくれる方は初めてだった。
しかも推しキラー。

ウレシイ!タノシイ!ダイスキー!!

やさおにって大体どっかフラフラしに行くけど、このトラおじはずーっと側にいた。
ケイトかわいいから見ちゃうよね。わかる〜。
いつかキラーが上手くなれたら、ネアとケイトには優しくしてあげたい。

とても楽しんだところで、この日はこれで終わりにした。
4人脱出成功より、スッキリした。



赤帯に入って一番変わったのは、破滅トーテム探しをやめたことかなあ。
全然見つからない時はとにかく時間ロス。
ギデオンやレリーのゲート前とかは見に行くけど・・・。

グレート出すんだよォ!!

BP2倍期間が来たので、ネアとケイトに頑張ってもらおう。
稼いだBPはキラーに貢ぐ・・・かな?


ではまた!