ぐっちの DARADARA DAYS

だらだら生きてる人のゲームプレイ記 ネタばれ有

RDR2 : Welcome back !


念願のゲーミングチェアを購入、こんにちは。

4〜5万するものではなく、2万しないお安めなもの。
合皮が暑くてまだしっかり座ってない。
寄りかかりたいけど暑い、暑い、熱い(PS4が)

わたくしぐっちの身長は156cm。
オットマンがほしいなあ、と思う高さ。
調節できるものにすりゃあよかったあ〜。
リクライニングはできるので、ちょっと休憩☆とかいってそのまま熟睡しないよう気を付けたいと思います。あり得る。


ご無沙汰しておりますRDR2の続きを。
ブログを書く時間がないんだけど、RDR2とライフイズストレンジ2は完結させたい・・・!

Twitterには毎日いるよ〜。 ID @meanmiki
超たまに募集かけてるから遊んでよ〜〜。


ってことで

おかえりーー!!!!

一目散に家へ入るジャック。
マーストン一家が揃い、これから本当の新生活かな?

ジャックを連れて釣りに。

不器用な父と、インドアな息子に、長かった空白期間。
ぎこちない会話だったけど「お前と出かけるのは楽しいんだ」って言葉がジョンの本心だろうな。


本を読んでいることが多いジャックの夢は弁護士。
立派でいいじゃない。RDR1でジャックも大変らしいけど・・・叶うといいね。

アーサー、ホゼアおいたん、ダッチの古株3人で釣りに出かけるイベントをすっぽかした私。ホゼアおいたん釣り人だったのかあ。詐欺師かと。
(早く新拠点をうろちょろしたかったんだ・・・)

アーサーと釣りに出かけた時のことも話してくれた。
ピンカートンのミルトンとロスに会ったことも覚えているそうだ。当時のジャックに、彼らが何者か分からなかったのは救いだね。
RDR2 : いい加減ストーリーを進める - ぐっちの DARADARA DAYS

RDR2の最初の頃の記事を見ると名前がナントカばっかでしょ〜〜もな・・・。


釣りに連れてきた飼い犬のルーファスが、毒ヘビに噛まれてジャックがパニックに。
「釣りになんてくるからだ!」って言われたけど「ルーファスも連れてっていい?」って聞いてきたのはジャック、お前だぞ・・・。
パニクり具合が母親譲りだなあと思った。

元気になったー!

逃亡生活していた頃、カインってワンコがいたけど知らない間に見かけなくなったなあ。
ミッションまではいかない、特殊な会話が発生することがある。もしかしたらどこかでカインのことも話されてたのかも?
全部の会話をこなしてクリアってできるのかなあ。

寝てるおじさんにちょっかいかけるジャック。
うーーん、平和。

家畜が増えて、牧場らしくなってきた。
乳搾りとか、納屋の掃除とか、リアルな牧場物語ごっこができる。面倒なのでやりませんが。

ジョンって真面目なんだな・・・。


ある日、セイディが遊びに来てくれた。

銃を持ったセイディを見て、「完全武装じゃない」と、どう過ごしてるのか問うアビゲイル
賞金稼ぎとか、護衛とか、はたまた別の仕事とか・・・そう答えるセイディがやって来たってことは、そう言う危険な金になる話を持ってきたってことだ。


平和に暮らしたいアビゲイルは拒否。
ジョンは金がいると説得。
セイディは私にもできる合法な仕事よ、と助け舟。

せっかく家族が揃っていい雰囲気だったのに、またもめてしまう・・・全員の主張に同情できるから、誰が正しいかなんて言い切れない。

ストーリー自体はクリアしたから、他の方の感想を読み漁りを解禁した。
アビゲイルに同情できないという人が圧倒的に多いみたいだ。そんな気はした。
これについてはまた後日の記事にしよう。


振り切ってついてったらクマに襲われたよお・・・。

痛いよお・・・。


ではまた!